本文へスキップ

実用数学技能検定(数学検定)とは

数学検定

受かる!数検HEADLINE

実用数学技能検定(数学検定)とは


実用数学技能検定(数学検定)は、数学の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。

 当財団は、数学の学習機会を広く提供し、生涯学習社会の構築の一つに学習数学を位置づけ、学習者の指標となるよう数学検定を実施しています。

「3級とったら履歴書に書き込もう!」

というキャッチフレーズが学生ばかりでなく一般の方々にも浸透し、さまざまな目的に応じて数学検定を受検する方が増えています。

 階級は、大学卒業程度の1級から未就学児童向けの12級まで準1級と準2級をあわせて14階級があります。

 第1回を実施した1992年には5,500人だった受検者数は2006年以降は30万人を超え、数学検定を実施する学校や教育機関も12,000団体を突破しました。

 数学検定は2級以上を取得すると文部科学省が実施する「高等学校卒業程度認定試験」の「数学」科目が試験免除されるほか、大学入学試験での優遇措置や高等学校等の単位認定等に組み入れる学校が増加しています。

 いまや、数学・算数に関する検定のスタンダードとして、進学・就職に必須の検定となっています。
 日本国内はもちろん、フィリピン、インドネシア、カンボジアなどでも実施され、海外でも高い評価を得ています。





数検対策問題集




数学検定