本文へスキップ

数学検定の概要

数学検定

受かる!数検HEADLINE

数学検定の概要


1 1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級 そして改定・新設した6級、7級、8級、9級、10級、11級、12級の合計14階級があります。
※1級は団体受検ができません。
2 1〜5級には、計算技能を観る「1次:計算技能検定」と数理応用技能を観る「2次:数理技能検定」があります。1次も2次も同じ日に行います。初めて受検するときは、1次・2次両方を受検します。6〜12級には、1次・2次の区分はありません。なお、同じ人が同一の検定日に同一の階級や複数の階級を受検することはできません。
3 実用数学技能検定(数学検定)1〜5級
1次検定のみに合格すると計算技能検定合格証、
2次検定のみに合格すると数理技能検定合格証、
1次2次ともに合格すると実用数学技能検定合格証が発行されます。
実用数学技能検定(数学検定)6〜12級
合格すると実用数学技能検定合格証、
不合格の場合は未来期待証が発行されます。

●当財団は、実用数学技能検定合格、計算技能検定合格、数理技能検定合格をそれぞれ認め、永続してこれを保証いたします。

●平成9年度以降に数学検定1〜5級の1次または2次検定どちらかに合格した場合は、同じ階級を受検する際に1次または2次検定の免除を申請することができます。1次または2次検定の免除を申請するには該当の『合格証』が必要です。

●検定料の1,000円引き適用について
以下に該当する受検者は、検定料の1,000円引きが適用されます。この適用を受けるためには、該当の合格証(1次または2次検定、数学検定)が必要です。
T すでに数学検定1〜5級の1次:計算技能検定または2次:数理技能検定に合格している方が、同じ階級の2次または1次のみを受検する場合。
U-a 平成23年3月検定までの数学検定6〜8級の1次または2次検定のみ合格していて、平成23年4月検定以降に同じ階級を受検する場合。
U-b 平成23年3月検定までの数学検定の1級+数学検定2〜6級のうち2階級に合格していて、数学検定6級を受検する場合。
U-c 平成23年3月検定までの「児童数検」の2級+「児童数検」3〜6級のうち2階級に合格していて、数学検定7級を受検する場合。
※U-a、b、cの1,000円引き適用期間は平成26年3月検定までとさせていただきます。





数検対策問題集




数学検定