本文へスキップ

合格基準と合格率

数学検定

受かる!数検HEADLINE

ビジネス数学検定とは


「ビジネス数学検定」は、数学検定を運営する日本数学検定協会が開発した、ビジネスパーソンに必要な実用的な数学力・数学技能を測定する検定です。

実用数学技能検定(数学検定)では、数学力を7つの技能(「計算技能」・「作図技能」・「表現技能」・「測定技能」・「整理技能」・「統計技能」・「証明技能」)に分類し、それぞれの技能の習熟度を測定しますが、ビジネス数学検定では、より実務に即した形で数学力を5つの力(「把握力」・「分析力」・「選択力」・「予測力」・「表現力」)に分類し、ビジネスのシチュエーションに合わせた形の出題で、これらの力の習熟度を測定します。

「5つの力」を測定することで、自分の数理的な能力の強みや弱みを認識し、ビジネスパーソンとしてさらに活躍するには、どのようなスキルを磨けばよいのかを考えるための学習指針となります。また、企業サイドでの利用では、内定者研修・新人研修・スキルアップ研修などの各種社員教育に利用することで、社員のビジネス数理能力の客観的把握とスキルアップに役立てることができます。

ビジネス数学検定は、インターネット上で受検できるCBT(Computer Based Testing)方式を採用し、5つの力の分析結果や総合スコアは受検直後に表示されるので、忙しいビジネスパーソンでも1時間程度でご利用が可能です。

自らの数理的能力の向上・知的センスの向上、また、社員のスキルアップにぜひともご活用ください。





数検対策問題集




数学検定