本文へスキップ

ビジネスに必要な5つの数学力

数学検定

受かる!数検HEADLINE

ビジネスに必要な5つの数学力


■把握力

現状認識力、論理構造の認識力

物事の状況、相関関係を見抜く力。
表やグラフから得られるデータから必要な情報を見抜き、把握できれば、状況分析や戦略見直しを高い精度で行うことができます。


■分析力

損益分岐点分析、財務諸表分析

情報の規則性、特徴、変化を見抜く力。
データは加工しなければただの数字の羅列にすぎません。さまざまな手法を駆使してデータに的確な加工を施すことで、初めて有益な情報を得ることができるのです。


■選択力

意思決定、状況判断

いくつかの事象から最適な1つを選択する力。
選択をする上での基準を的確に設定し、複数の選択肢を根拠に基づいて比較することで、最適な選択肢を選び取ることができるのです。


■予測力

リスク予測(リスクヘッジ)、シミュレーション

さまざまなデータを基に変化を予測する力。
未来の予測を立てることで、より確実性の高いビジネスを行うことができます。予測どおりに行えなかった場合のことも想定できていれば、損害を最小限に抑えることもできます。


■表現力

プレゼンテーション力、コミュニケーション力

情報を分かりやすく正確に伝える力。
いかに優れたデータを得ても、それを他人に伝えることができなければ意味はありません。情報を正確な図やグラフで表すことで、プレゼンテーションの説得力も飛躍的に向上します。





数検対策問題集




数学検定